印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

 
              

 07東海道丸子宿で江戸時代の旅人に変身!お笑いタイムトラベル
 LinkIcon丸子宿探検+駕籠(かご)×らくご

東海道・丸子宿は江戸時代にはお伊勢参りや京・大阪見物にでかける旅人で賑わった宿やお店の並ぶ宿場街でした。丁子屋は、松尾芭蕉がとろろ汁を詠んだ俳句にも登場していて、その歴史は400年以上。丁子屋周辺を探検しながら丸子宿の様子を想像したり、当時の旅人たちが使った旅の乗り物「駕籠(かご)」を体験したり、旅をテーマにした落語もたのしんで、江戸時代の旅人になりきってみよう!

*丸子宿をちょこっとお散歩しながら江戸時代の丸子の様子を想像したり、駕籠(かご)や人力車を動かしたり、触って体験したあとに、東海道の江戸時代の様子や、旅の面白いはなし(落語)で大笑いする内容です。


*2回の講座を予定してますが、お楽しみいただく落語は2回それぞれ違う演目をご用意します。


【和カル笑学校】ワークショップの参加費用について

参加費は1講座につき、親子(1ペア)で2,300円 ○大人のみ1,700円 

大人のみでの参加も大歓迎※MOT笑店のLinkIconしずおか和カル笑学校/大人追加1回分からお申込いただけます

●ご家族やグループで参加の場合、人数に追加があるときは追加分を一緒にお申込ください→追加の参加費は大人1,700円/こども600

※こどもは小学生~高校生まで ※未就学児の同行は追加なしでOK

○講座によって、材料費や実費のかかる講座については、実習費(500~1000円程度)がかかるものがあります。実習費は会場受付時にご精算をお願いします

  • ※各店舗(会場)でお飲み物やスイーツなど1組1オーダーのご注文をお願いいたします。

                                   

                  

日時
2015年日(月)1時間目_13:30
2015年25日(月)1時間目_13:30
会場
テーマ
東海道・丸子宿で江戸時代の旅人に変身!
お笑いタイムトラベル
講師
丸子宿案内人柴山広行落語家笑福亭羽光
持ち物
外にも出ますので、汗ふきタオルや熱中症予防に帽子、水筒などをご用意ください。

LinkIcon講座内容の一覧ページに戻る                             

↑申込はこちらから

 


【和カル笑学校】ワークショップのお申込について

○参加申込の方法→3つの申込方法からご都合のよろしいものでどうぞ 

  • ➊参加したい講座が決まったら、このページの下のご予約フォームの必要事項を記入いただいて送信すると、ご予約できます。ご予約の方は、当日会場にて参加費と実習費など、お店でのオーダー分と併せてご精算ください。

 

  • ➋回数券(3,6回)またはすべての回に参加可能なスペシャルパスポートをご希望の方、クレジットカードやコンビニ払いで先に参加費のお支払を済ませたい方は「参加する・order」のところをクリックして【MOT笑店】のカートへお進みください。
  • LinkIcon回数券(3回) LinkIcon回数券(6回)
  • LinkIconスペシャルパスポート★限定3組
  • ※グループ、ご家族で大人(大人のみの場合も)、こどもの追加のある場合、ショップの一覧画面に戻って
  • 大人追加分〉または〈こども追加分〉のページから、開催日と何時間目かを選んで、
  • 必要な人数を入力してください。カートを確認してペア分と追加分に間違いがなければ、注文手続きに進んでください。
  • ❸各会場のお馴染みのお客様は、会場でも直接お申込いただけます。
  • ※予約フォーム、MOT笑店でお申込(ご予約)の確認(1~2日中)ができましたら、「参加申込完了」のメールをお送りします。当日会場でメール(スマホ画面または印刷したもの)を提示いただいて、ご参加受付をさせていただきます。お申込後、3日以上経ってメールが来ない場合は、お手数ですがお問い合わせフォームより、お問い合わせください。 
  • ※各会場、各講座(1コマ)ごとの募集枠は10組~15組程度ですので、参加したい講座が決まったら、なるべくお早めにお申込ください。 
  • ※当日残り参加枠がある場合は、当ホームページのTOPICSやFBページでご案内いたします。
  • ※オンラインでのお申込をできる限りお願いしておりますが、オンラインでお申込ができない場合はお問い合わせください。

丸子宿まち歩き+江戸の旅×らくご
担当講師のご紹介 

丁子屋十四代目
柴山 広行

しばやま ひろゆき

東海道・丸子宿「元祖とろろ汁・丁子屋」の十四代目。まちづくりや子ども向けの活動にも精力的に取り組んでいる。今回は江戸の旅WSでの町歩きガイド、スペシャルWS「とろろ汁作って食べてワッハッハ」など担当。

プロフィール動画LinkIcon

落語家
笑福亭羽光

しょうふくてい うこう

三島を拠点に、大阪の落語=上方落語(古典)と、新しい落語の噺(はなし)を作って演じる=新作落語で全国で活躍中。今回は茶の湯WS、出汁取りWS、音あそびなどを担当。

プロフィールLinkIcon